大阪手をつなぐ育成会では様々な支援や活動のサポートを行っております。

相談支援(そうだん)

共同生活援助(グループホーム)

府営住宅やマンション、一軒家などで、4~6人の人たちが、食事や金銭管理など身の回りの支援を受けながら暮らしています。「仲間と一緒に暮らしたい」「親から独立して暮らしたい」「1人で暮らしたいけど、まだちょっと不安」など、一人ひとりの希望に合った支援をしています。利用の期限はありません。

短期入所

家族が病気になったときや、家を留守にする用事があるとき、また自宅から離れた生活を経験したいときなどに、短い期間事業所を利用して食事や入浴などの支援を行います。

居宅介護

ホームヘルプと呼ばれているサービスで、自宅を訪問して、入浴・排泄・食事などの介助を行います。

移動支援

ガイドヘルプと呼ばれているサービスで、外出につきそい、安心して余暇を楽しむための支援をします。

日中一時支援

障害のある人の日中活動の場を確保し、家族の方の就労支援や日常的に介している家族の一時的な休息を図ります。